「売れるチラシデザイン」カテゴリーアーカイブ

売れるチラシ『同じ素材でも見せ方で売上が変わる!』

この2つのチラシは、今回のブログ用に用意した架空のチラシです。

あるハンバーガーショップが、チーズバーガーを復活発売するのに顧客にクーポンを配布するとします。その際にどうすれば効果的にお客様に利用してもらえるのかを考えてみます。

今回の商品はハンバーガーになるので、この写真が一番目立つように背景を黒を基調にしたものにしてみました。 食べ物の広告やチラシと言うのは、その写真だけで訴求力が高いので、なるべく大きく美味しそうに写すということが大切です。

下の写真はややコントラストが弱い写真ですので、画像編集でかなり強めにコントラストを出してあげます。

このように少し色味が濃くなるだけでも商品のイメージが変わって見えます。次にメインのタイトルを考えてチラシにレイアウトします。

プロのカメラマンは後から切り取っても良いように、少し広く商品の写真を撮る傾向にあります。 これは後から縦型の広告を作るときに余白があると便利だからです。

一般的な素人の方がデザインすると、そのデータをもとに拡大せずにそのまま利用してしまうことがあります。 そうすると左のありがちなチラシのように、印象の弱い広告になってしまいます。 この写真の場合左下にレタスがぼけて写っているのでこれを利用してレイアウトを行うのがお勧めです。

カタカナの商品名の場合は、頭文字の部分に漢字が入るだけで文章が劇的に読みやすくなる傾向にあります。

ここで左の手作り感のあるチラシと、右の商品が売れそうなチラシで何が違うのかを検証していきたいと思います。

まず1番の写真ですね、これは見きれるように大きくした方が良いです。 次に2番、これは大きな文字で日付を入れてしまうよりは簡略化してシンプルに伝えた方が与える印象は良いです。

3番のよくある背景の丸、これは学生がワードなどで作るのであれば仕方ないですが、チラシとしてはあまり実用的ではありません。 実際に使っている人も多いので、ついついこんな感じのデザインになりがちです。

4番のクーポン券ですが、切り取らせで持っていくと言うのはあまり主流ではありません。また商品代金がいくらで、そこから値引きがいくらなのか、最終的な価格が書いてあると親切ですね。

5番、Twitterなどで用いられるメガホンマークは最近の広告では見かけることが増えてきました。 メインタイトル、サブタイトルの次に来る、ちょっとしたキーワードに対して使うのはオススメです。

6番のメインタイトルは、商品の配置された角度に合わせて少しだけ傾けることによって、立体感を出ることができます。

7番はリボンでゴージャスなイメージをつけることによって平日だけ使えると言うことをアピールしています。 8番は値引き後の金額、最終的にいくらでこれが買えるのかと言うのも明記しています。このようにクーポンを付属する場合は、A4の縦型ではなく、変形の横型にすることによりさらにクーポン感を高めることができます。

この写真は、先程のものを少し位置を変更して改造したものですが、いきなりクーポン感が増したことがわかりますでしょうか。

このように限られた素材だけでも、少し工夫するだけでチラシが劇的に改善することもあります。ご自身の作っているチラシが、「何かが違うな」と思った時は、お気軽に相談ください。