「広告研究」カテゴリーアーカイブ

広告研究『PDCAサイクル型フィットネスクラブ』

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

サービスの特徴を的確に表した広告チラシ

フィットネスクラブの広告と言うのは、表面のデザインに実際の器具やトレーニングをする人の写真を配置することが多いです。
こちらの会社の場合は、想定した利用者たちが集まって楽しそうに健康的なシーンがメインイメージとなっています。

3分の2以上がイメージ写真ですが、広告の構成がシンプルなので「フィットネスクラブである」ということと「健康を得られる」ということがイメージしやすいチラシになっています。

左下に店舗の名前、右側には期間限定で登録料や月の会費が無料になると言うキャンペーンを開催していると言うことが表記されています。

フィットネスクラブの機器やサービスにそこまで差がないことを前提とした、イメージ戦略といえます。


顧客の体験にPDCAサイクル型を導入する

裏面はオモテ面と比べて情報が過密になっているデザインです。 このチラシの特徴的なところは、中央にある円形です。

フィットネスクラブに通う顧客に対して、プランニング、実践、チェック、目標設定と言う PDCAサイクルを提唱しています。 ビジネスやマーケティングでは少し古いモデルと言われていますが、急にその効果がなくなったわけではなく、目標設定のためにプランを立てて行動して検証すると言うのは効果があることです。

少し情報を詰め込みすぎな感覚はありますが、フィットネスクラブを通して何を伝えたいかと言う事はよく伝わってくるチラシとなっています。

店舗情報をQRに置き換えている

このチラシのもう一つ面白いところが、複数ある店舗の情報をQRコードに置き換えてしまっていると言うところです。

住所や電話番号など伝えたい情報は様々ですが、チラシと言うのはレイアウトに限界があります。 一つ一つ細かく書いていっても逆に見ずらいチラシになってしまうので、詳細を知りたい店舗をQRで読み込んでくださいという設計になっています。

また、新型コロナウィルス対策で営業時間が変更になることが多いので、実際の営業時間をチラシに記載せずにタイトルチェックしてくださいと書くのはユーザビリティーが高いといえます。

広告研究『封筒印刷のアイキャッチ型広告』

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

強烈なアイキャッチを用いた封筒の広告

120mm * 233mm
封筒型 ポスティングチラシ

毎月のようにポストに投函される都民共済のチラシです。 昔は都民共済や、県民共済と言うのは古臭いイメージがあり、なんとなく加入しているものと言う印象が強かったのではないでしょうか。

最近はかなり広告にも力を入れていて、富士山の山頂を拡大したような目に留まる広告を用いています。
毎回テーマになる画像は異なり、自然豊かな写真を起用しているようです。 ただの無色のシンプルな封筒と比較すると、目に留まる写真が前面に印刷されていたほうが確実に効果高いはずです。 実際に弊社でもこれからの封筒等作ることができます。

大きな富士山にも目を取られるのですが、下の部分に月の掛け金が2000円で保険の見直しができると、具体的な金額を早速オモテ面の時点でPRしていると言うのがポイントです。

どうせ高いんでしょと先入観を持った人に対して、広告の開封率を高めると言う意味では具体例を挙げると言うのは非常に重要ですね。


裏面には説明したい数字を大きな文字で印刷

裏面に行くと中央に赤い帯で、「ここから簡単に開封できますぜひご覧ください」と注意を促しています。
何らかの手法により、この手の封筒タイプの広告の開封率が低いことに着目し、少しでも開封してもらえるように、文字にして目立たせているということがわかります。

オモテ面にも掛け金について説明がありましたが、裏面にも具体的な割戻金についての説明があります。

申込書を同封した成約率を上げるポスティング

成約率からいうと優れているとは思いますが、今の時代は無駄な紙が多く、サスティナブルとは言い難い手法です。

配布されなかった場合は、同封されている何枚もの申込書や、封筒がそのまま廃棄されてしまうと言うことになります。

一般的な事業者であれば、同じサイズの1枚の上で宣伝をして、申し込みの場合はQRコードからスキャンしてくださいと言う方法で良いのではないでしょうか。

広告研究『2つの提案から選択してもらうチラシ』

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

顧客が2つの中から選べると言うのはメリット

210mm 297mm A4サイズ

数あるポスティングされる広告の中でも、こちらのチラシは格段にわかりやすい内容となっています。 原色と蛍光色を使った目に留まる配色になっているだけでなく、大きな文字で何を行っているかが簡単にわかります。

1つ目は不動産の売却、2つ目は不動産の買取。 初心者にとっては、この2つがどう違うのか理解が難しいかもしれません。 それをこのチラシでどのようなメリットとデメリットがあるのかを解説しています。

一番大きな見出しの下に、当社が仲介するまたは当社が直接買取するという違いがあることがわかります。手数料や売却スピードなど一長一短であるということが初心者にも理解できます。

少しでも高い値段で売却したい場合は、仲介してもらったほうが得かもしれないと考えたときにはきっとこの会社を利用してしまうはずでしょう。 電話だけでも60分以内にかんたん査定できることや、秘密厳守、地域密着であることなど安心できるということがわかります。

このチラシのすばらしいところは、右下に担当者5名の顔写真が載っていると言うことです。 実際に買取の電話をして、店舗に来店するときにこのように事前に顔写真が分かっていれば、既に知り合いの感覚で安心して相談することができます。

どの担当者の人も笑顔でにっこりとしているので、親切な人だと言うことが写真からも伝わってきます。


とにかく会社名を知ってもらうと言う作戦

このチラシの裏面は、意外なことに会社名とホームページのアドレス、マンション一戸建て土地とだけ書かれ、後はコーポレートカラーで一色に塗られています。

オモテ面はかなりわかりやすく具体例を挙げて解説していただけに、裏面に行った時にそのギャップに驚きました。

きっと広告を制作するプロフェッショナルの中にも、裏でも当社の強みを宣伝した方が良いのではと思う人もいるかもしれません。

ただ地域密着型とPRしているだけあり、自店舗の看板を、これだけ大きなA4のサイズの上で覚えてもらうと言うのはアドバンテージにつながる可能性が高いです。 何度も会社のロゴや名前を見ていると、実際に不動産を売却したくなったときに頭の中でふっと思い出すかもしれません。

A4のチラシ両面に宣伝をする場合は、片方の目に具体的なサービス、片方の面はお客様のイメージ重視にすると言うのは1つの作戦かもしれませんね。

広告研究『雑誌の小冊子広告』

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

小冊子になった雑誌形式の広告

210mm * 297mm A4 24P構成

こちらはある雑誌の昼間に挟まれていた、小冊子になった広告です。 雑誌のテーマが蒸留酒を取り上げていたので、その内容を継承したまま時計を宣伝すると言う企画になっています。

紙質も良く高級な雰囲気なので、少し読んで捨てるというよりは、ずっと保管されるような形式の広告です。 表紙は男性がスリーピースジャケット着こなし、葉巻を片手に蒸留酒を楽しんでいる姿が写し出されています。

カメラマンの技術により、時計に最も目が行くようなピントと構図になっているのが特徴的ですね。 下のタイトルは見きれるように白色の縁が付いていて、それが外の白い枠と一緒になっているのがスタイリッシュなデザインです。

実は、このような表紙の4端に白い枠が来ると言うレイアウトは難しいとされています。 本来館切りするときに、上下左右3ミリの誤差を考慮してデザインされることが一般的ですので、少しでもずれるとこの白い枠が目立ってしまいます。 高い技術の印刷所に依頼しているからこそ、このようなレイアウトが可能になっているようです。


何をPRしたいか明確になっている

とてもおしゃれなデザインになっていて、眺めているだけでもうっとりするような美しい写真ばかりです。 紙面のテーマになっている蒸留酒も所々に出てきて、その魅力についても小見出しで打ち出されています。

ただなぜこの冊子が宣伝かと決めつけることができるかと言えば、すべてのページに高級腕時計が掲載されていて、そのメーカー名や問い合わせ先などが掲載されているためです。
このような高級な時計をPRするときには、具体的な機能や性能よりも、雰囲気が大切になるということがわかります。


裏表紙には大手有名ブランドの腕時計が宣伝されています。 デザインやブランド価値を前面に出して販売する場合は、広告一面をイメージ画像で打ち出し、商品画像をその1部に載せます。

このような技法を取ったチラシは、直接的な広告には活用できませんが、商品のパンフレットを取り寄せた顧客等に対して副次的にPRするのに対しては効果があります。

捨てられない広告を作ると言うのは、長く時間をかけてブランドイメージを確立したい会社には大切な手法といえます。

広告研究『ワインショップのソムリエ新聞』チラシ

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

新聞風なデザインのチラシ

256mm * 181mm

こちらは2022年の1月にワインを購入したときに梱包されていたチラシです。 チラシの構成としてはとてもわかりやすく、1年の始まりに飲みたい縁起の良いワインとして3種類の商品が紹介され

デザインも新年を祝う華々しいイメージを用いており、効果的な広告といえそうです。ただ唯一問題があるとすれば、配布する期間です。

このようなネット通販のワインショップですと、年末年始の休業期間を除くとお正月に飲むワインは12月の半ばには発注しなければなりません。 このチラシが同封されていたのは1月の中旬ですので、もうすでに日本人の感覚からして1月の2週目になれば正月は終了と言うのが本音ではないでしょうか。

少し気が早い話になってしまいますが、新年に飲むべき米を広告するのであれば11月中に印刷完了して、12月1日から20日まで配布期間とするのが購買に対して効果的になりそうです。

見やすいレイアウトとは

手紙のような長文になる場合は、段落をブロック要素としてレイアウトしていかないと、しっかり読むのが難しくなりがちです。 特に横書きで長文になると、一番右に目が行った後に左に戻る時、行がずれて読んでしまうことがありストレスになりがちです。

それを予防するためには縦3列に区切って、新聞のように折り返して読ませることによってスムーズに長文を読むことができます。 また文章量があまりに多い場合は、途中で小見出しを1つつけることによって、頭が整理されて読みやすくなります。


このチラシに関しては、直接的に販売に結びつけるというよりは、普段の常連のお客様に報告するような形のチラシになっているので、優れた1枚だと思います。

特に生産者便りはニュージーランドの現地の生産者の言葉を翻訳して、それを日本語にして書き起こしていることがわかりやすくデザインされています。 ヴィンテージの手紙風な背景になっていて、飛行機のスタンプなどあることから、ぱっと見ただけでこれが海外の人からの便りであると言うことがわかります。

参考にしたい分かりやすいパンフレット・チラシ

必ずしもチラシは商品の販売に結びつけるわけではなく、イメージアップやお客様とのコミニケーションをするツールの1つとしても活用されます。

そういった意味では毎月楽しみに新聞を待ち、ボルダリングしたりどこかにしまっておけるようなコンテンツを掲載している本誌は優れた参考にしたいデザインだといえます。

広告研究『攻めるカレンダーはがき広告』

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

非常に珍しい葉書2つ折りのカレンダー広告

225mm * 148mm (120mm * 148mm ,  105mm * 148mm)

かなり衝撃的な広告が投函されていました。 上下で寸法が少し異なりますが、およそはがきサイズのカレンダー広告です。 オモテ面は「令和4年もよろしくお願いいたします。」 と言う新聞社の挨拶なっており、下の部分は1月から12月までのカレンダーとなっています。

カレンダーの下には朝刊と夕刊が、1ヵ月3700円と言う価格と、申し込み先のフリーダイヤルの電話番号が掲載されています。

実際どのようにこのカレンダーが活用されているかはかなり悩ましいところです。自動車ディーラーや信用金庫、中小企業の工場が配布するような、カレンダーはキッチンやトイレに貼り付けられるのを見ますが、はがきサイズだと活用が難しいかもしれません。


そのままハガキで申し込みできる、攻めた広告

この葉書サイズ広告がなぜ衝撃的かというと、切り取り線で切り離すとカレンダーとして利用できないということです。

裏面には具体的な申し込みの手順や、6ヶ月以上継続するともらえるプレゼントなど、新聞購読することによりどんなメリットがあるか紹介されています。

カレンダーが付いていると捨てられないなどメリットがあるかもしれませんが、オモテ面の訴求力は低いのではないかと感じます。
ただ何も参考にならないわけではなく、このように広告の1部に継続的に役に立つ情報を紹介しておき、すぐに捨てられないような工夫をすると言うのは効果があるかもしれません。

ターゲティングが難しい商材

新聞加入率が低下しているので、商材としては新規加入者のターゲティングが難しいのが実情です。

高齢者や年配の方で新聞を読む人は既に何十年も継続して加入していると思われますし、かといって若年層や20代が新たに新聞を加入するかというと厳しい部分もあります。

若い人たちに対してターゲティングするのであれば、新聞の情報はこれだけ有益で正しいことが書いてある、といった説得情報を宣伝すると言うのも1つの方法かもしれません。

広告研究『浮気調査に強い総合探偵社』チラシ

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

サービスがわかりやすいチラシ

273mm 191mm

一目で何のサービスを提供しているか分かる優れたチラシです。 浮気調査に強いと言う、1つのサービスに絞った総合探偵社になります。

タイトルも目立ちますが、こちらの会社がイメージアンバサダーとして起用した、 ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が目を引きます。 ジャケットを着て、ネクタイを締めて腕を組んでいる姿から、男性の安心感をイメージさせます。

左にはお客様満足度や調査成功率など、サービスの信頼性について具体的な数値が挙げられています。 左上の白い文字では、テレビに出演していたり依頼数の圧倒的な実績などが掲載されていて、業界内では強いポジショニングを獲得しているとイメージつけることができます。


裏面はイラスト形式のわかりやすい図解

オモテ面は安心感と信頼感のある重厚なデザインでしたが、裏面はいきなりカジュアルなイラストの説明が始まります。

2つのパターンが用意されていて、1つ目は離婚を前提に裁判を有利にするための条件、もう一つはやり直し相手に謝罪をさせて認めさせると言う調査を想定したものです。

2つのパターンに想定するケースがほとんどなので、実例に伴いキャラクターがわかりやすく漫画形式で説明をしているのが好感が持てます。

参考にしたい分かりやすいパンフレット・チラシ

漫画の最後は、依頼者が望んでいる形式に沿ってイラストが描かれているのが特徴的です。
これはこのチラシを利用して相談すると、どのような結果が得られるかというのが明確になっているので、利用者からしてもサービス内容が具体的に把握できるものとなっています。

チラシというのは、「誰が何をしているのか」、「どんなサービスなのか」、「具体的にどんな結果が得られるか」というのが大切です。そのセオリー通りのわかりやすい広告になっています。

広告研究『駐車場完備を宣伝するフィットネスクラブ』

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

セキュリティーキー発行手数料がゼロ円!

297mm*210mm A4光沢チラシ

有名なフィットネスクラブの広告です。 24時間年中無休、月会費が8030円、全国のどこの店舗も利用可能を宣伝にしているようです。

このチラシでスペシャルオファーは、1月お年玉キャンペーンとしてセキュリティーキーの発行手数料は0円になると宣伝しています。フィットネスクラブに、セキュリティーキーの発行手数料が必要になると知っている顧客は少ないので、やや訴求力に欠けるのではと思うのが実情です。

またチラシの1番下の電話番号が、レイアウトズレを起こしているので、担当したデザイナーの方が、かなり慌てて原稿を入稿したようです。 このような部品の部分は、レイヤーロックして固定することは大事ですね。

また、よく確認したらスタッフの女性が手にアルコールスプレーを持っていることがわかります。 この画像の周辺に、一言コロナ対策といったフレーズが配置されていても良いかもしれませんね。


「24台駐車OK!!大型駐車場完備!」が目玉​

裏面には、感染症予防対策についてと言うタイトルで、安全性について言及されています。

チラシの全体の構成は、シンプルなもので、その3分の1を駐車場完備と言うところに割り振られています。 東京都内のフィットネスクラブは、駐車場があるところが少なく、そういった意味で自身の車でそのまま通えると言うのは店の強みになりそうです。

「地図のレイアウトズレ」や、「検索ワードの文字ズレ」など、全体的にチラシとしての完成度はやや低いような状態です。
ですが、店舗のメリットがはっきりしていると言う意味では、優れたチラシだと思います。

バランスの難しいチラシ広告

裏面はスペースがあるので、店内の実際の写真や、利用者の背後からのイメージ写真などがレイアウトされていてもよかったかもしれません。

フィットネスクラブを利用するお客さんは、アクセスと感染症対策、設備の充実や店内の雰囲気などを気にするのではないでしょうか。
この辺を絞って伝えることで、効果のある広告がデザインできそうです。

広告研究『プレゼント企画をうまく利用したチラシ例』

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

何を販売しているのかわからない、それでもワクワクする不思議なチラシ

297mm*210mm A4光沢チラシ

このチラシを見たときに、少し怪しいなと感じました。なぜなら総額100万円の成約特典という、「どれだけお得か」しか書いておらず、何を販売しているかわからないためです。

よく見ると左上に、会社名が記入してあり、別の日に広告が投函されていたマンションの販売だとわかりました。


「お得なキャンペーンに参加したい」と言う世帯を狙う

上記のチラシが、別の日に投函されていたマンションのパンフレットになります。

新春一番くじで、10万円の商品券がもらえると案内されています。5等でも千円の商品券がもらえるという豪華なクジになっています


先日投函されていた広告は、何を販売しているかわかりやすく、その商品に対して丁寧に説明をされていたものでした。

今回投函されているチラシはやや強引で、どんな商品を契約して欲しいのかというのが分かりません。 キャンペーンの適用条件に、1人での来場客に対しては抽選ができないことが書いてあります。このことから夫婦、または子供たちを連れた家族世帯にマーケティングしたいと考えられます。

潜在顧客に対する広告

現時点ではマンションを購入することを考えてない世帯に対して、とりあえず来場してもらい魅力を伝えると言うイベントのために印刷されたチラシのようです。

事前に別の形で商品を宣伝している場合は、例外的にこのようなマーケティング方法も有効になるのかもしれません。

『不動産会社モデルルーム』のパンフレット型チラシ

このカテゴリーでは、当社に投函されていた実際に運用されている広告の例を挙げて、その効果やレイアウト、デザインなどを研究してみます。

※広告に掲載されている会社・店舗と当社との関係性や、サービス・商品の批評の意図はありません。広告物としての研究となります。
※写真のチラシの著作権は、配布した各社に帰属します。

少し珍しいパンフレット型チラシ

258mm*180mm A4変形パンフの部類です。
中綴じ8ページの冊子になっています。

この会社ではマンションの購入者のための、 集客ツールとしてパンフレットを活用しているようです。 表紙には主となる建物の外観CG写真を掲載して、下には部屋の価格帯と寸法、駅からの徒歩を大きく表示しています。

一番大きなのは「9分」という文字で、やはり不動産関係というのは駅からの徒歩というのが非常に重要になっているということがわかります。 そして、モデルルームが実際にオープンしていると言う文字も大きく表示されています。

このことから、不動産関係の広告を作られる方は、駅徒歩やモデルルームの有無などを強調して宣伝すると言うのがセオリーになりそうです。


アンケートや設備が分かりやすくまとまっている

2ページ目に映ると、第1期ご購入者様アンケート結果発表の欄があります。既に購入された人のアンケートで、実際の年齢層や家族構成が分ります。

マンションを購入する際は、他に住んでいる人がどんな人かというのが気になります。それをプライバシーを侵害せずにこのように大まかにわかると言うのは、顧客の安心感につながりそうです。

下の段には、四角いブロックにした内装の特徴が構成されています。写真とイラストでわかりやすくまとまっています。一番小さな文字は読むのが難しいほど小さいですが、1つずつのタイトルが大きめに描かれているので体感的にはわかりやすくすっきりしている印象があります。


部屋の間取りのページには、具体的に家具をレイアウトして配置したイラストが描かれています。 今までのマンションの広告と言うのは具体的に家具が書かれている事はあまりありませんでしたが、このページ設計はわかりやすいですね。

冊子の後半には、なぜ今マンションを購入したほうがいいかというのが解説されています。 賃貸よりお得、史上最低水準金利、自己資金がなくても良い、生命保険付き、注目のリセールバリューなど、今すぐ購入してもお得だと言う理由が羅列されています。

なんとなくマンションが欲しいと言う人の中には、お金の関係で悩んでいる人が多いはずです。そこの部分に切り込んで、不安を取り除いてあげる広告と言うのは成約率が高くなりそうです。

参考にしたい分かりやすいパンフレット・チラシ

何が伝えたいかとてもわかりやすいチラシになっています。外見から中の設備、購入する際の有利なメリットなどが購買につながりやすいことになっていて好印象でした。